02.OCT.2010 On the Road, Mongolia 2001

昨日の雲南に続いて!01年、クリス(夫、スイス人)と自転車でモンゴル→内モンゴル→寧夏回族自治区を旅したときの写真もアップ。エスクァイア編集部在籍中でしたが、どうしても行きたくて無理を言って2ヵ月弱休ませてもらいました。普通の会社じゃ無理ですね。当時編集長だった清水さん、快く送り出していただき本当にありがとうございました。この恩は一生忘れません!で、6月半ば、既にロシアのウラジオストックから自転車旅行を始めていたクリスとウランバートルで合流。写真左上から1.自転車はお揃いでイタリア製のビアンキ。彼はかつてユーラシア大陸を4万キロ自転車で旅したことがありますが、私は初めてで初日は泣きました。2.でも遊牧民の家でお茶をご馳走になったり。3.草原の真ん中に突然、社会主義時代の団地の廃墟が現れたり。4.地平線に向かって続く道をユラユラと走るのがどんどん楽しくなってきました。5.野生の羊や馬の群れ、かわいいバンビの群れも見ました。6.町と町の間のテント生活では満天の星を満喫。南下して砂漠地帯に入ったあたりで列車に乗って国境をクロスします。7.既に発展目覚しかった中国の内モンゴルに入った途端に道がアスファルトになり、ちょうど夕暮れ時に道端にポツンと出現した宿に泊まったてみたり。タバコを吸うクリス(白人、金髪)を珍しそうに眺める地元?の人々。8.その翌朝撮った写真。道端にポツンと、というのはこんな感じで、本当にまわり数キロは何もなく普段は誰が泊まるんだろうか、というこの宿は電気もトイレもなくて1泊10元(約130円)。で、道の反対側の看板には「軍事管理区」の文字が!実は何も知らずに外国人未開放地区を走っていたようで、この後着いた町で(中国語ができる私だけが)公安に連れて行かれ、罰金100ドルを徴収されました。時期が時期だったらフジタの社員みたいに拘束されてたのかな。この町に2~3日滞在した後、内モンゴルの省都フフホトまで強制的にバスに乗せられましたが、罰金だけで済んでホントよかったです。公安のおじさんたちも全然怖くなかったし。ああ〜中国の田舎、また行きたいなあ〜。

01.OCT.2010 On the Road, Yunnan 1996

国慶節の7連休が始まりました。締切りを抱えつつ街が祝日モードなので何となくのんびりしてしまい、仕事は後回しにして書棚の整理などを始めたところ、懐かしい写真が出てきました。96年に雲南省を旅したときのものです。この時は、ラオスやミャンマーと国境を接する最南エリア西双版納の中心地、景洪という町を基点に2ヵ月間くらい雲南に滞在。雲南は少数民族が最も多く住む省で26の民族が暮らしていますが、下の写真は景洪からローカルバスで2時間ほどの孟混という村で毎週日曜日に開かれていた、近隣に住む少数民族が一堂に会するマーケットで撮ったものです(左上から9枚目まで)。各民族の衣装は実にバラエティに富んでいてバッグや小物の色使いがもう絶妙!思わず写真を撮りまくりました(ちなみにこの時期はまだデジカメが普及してなくて一眼のネガで撮影)。で、このマーケットで知り合ったハニ族のイラという名のおばさんが、夕方になって市場が終わり村に帰るときに「うちに来る?」と誘ってくれたので、一緒にいたドイツ人の友人とともに村人たちのトラックに便乗し、山の中腹にある彼らの集落へ行きそのまま1週間ほど滞在。水道もトイレも電気も電話もない本物の田舎に泊まるのはそれが初めてでした。そこは30ほどの藁葺き屋根の木造家屋が並ぶ住人150人くらいの、邦龍という名の小さな村で、家の中に床はなく、ご飯を食べるのも寝るのも土の上。村人たちと一緒にサトウキビ刈りに出かけたり(それが彼らの収入源のひとつ)、小鳥を捕まえて食べたり、また、漢族の先生が一人住み込んで子供たちに国語と算数を教えていて、その小さな学校で一緒に国語(中国語)を勉強したりもしましたが、一番心に残っているのは、ある晴れた日の夜、満月の光で本が読めたこと。あの村には今はもう、電気は通っているのかなあ。まだ行ったことがなくて行きたい場所は山ほどありますが、この村は、かつて滞在したことがあって絶対いつかまた訪れたい場所の筆頭です(10枚目の写真=このトラックに乗ってイラおばさんと村に来ました。以下、イラおばさんと村の子供。イラおばさんとダンナさん。毛沢東の肖像があった村の学校。村の遠景)。大連休なのにどこにも行かないので、昔の旅を懐かしんでみました。

30.SEP.2010 My Favorite Magazines

わりと定期的に購読している中国の雑誌を紹介します。Esquire,GQなどナショナルマガジンの中国版を除いたドメスティック系の中から。まず「生活」。毎号ワンテーマで中国カルチャーをさまざまな角度から考察するクオリティ誌で最新号は民藝復興がテーマ。浙江省に古くから伝わる元書紙(北宋の時代に皇宮の祭祀に使用されていた竹で作る紙)、藍夾纈(秦の時代から伝わる中国伝統の藍染めの一種)など7ヵ所の民藝製作現場を訪ねた36ページのレポートが別冊として添付。版型が大きく写真の使い方が贅沢で編集者としてはとっても羨ましい作り。ミャオ族の村で撮影したファッションページや曾梵志(現代アートの画家)のインタビューなどなど、特集以外のコンテンツも充実しています。「VISION青年視覚」はもっともクールなアート&ファッション誌との呼び声もありますが、毎号さまざまな国の有名無名の写真家が参画していて、各国写真家のポートフォリオのダイジェストを見るような感覚です。100号記念の最新号では、若手写真家の岡原巧祐さんのドキュメンタリー作品などもフィーチャーされていたり。この雑誌の誌面で、いつか一緒に仕事をしてみたいなあ〜と思う写真家にいっぱい出会っています。「新視線」は建築デザイン+アート&ファッションがメイン。特集が面白そうな時に購入しています。最新号は昨今の石油流出事故をメインに石油マネー、中東石油戦争、石油がなくなった後の世界などをユニークな図版やエドワード・バーティンスキー(工場、採石場などの作品が有名)の写真を使いながら解説する、なんと石油特集!です。こういうことができる雑誌、日本にはもうありませんね。「城市中国」も毎月ワンテーマの特集主義雑誌で、建築&都市計画&日々の暮らしという視点からユニークな記事を多数満載。バックナンバーの、今なお毛沢東主義を実践する各地の村々を紹介した「建設社会主義新農村」という号や、世界各国のチャイナタウンを年代や歴史など様々な角度から考察した「唐人街」という号などは、資料としても重宝しています。以上の4冊はすべて保存版雑誌。で、読んだら捨ててしまうけど愛読しているのは「週末画報」。インターナショナルニュース版、ビジネス版、ライフスタイル版、シティライフ版と分かれている週間のタブロイド紙ですが、ニュースのセレクトなどを含めて記事のクオリティが高く、毎週約70万部売れているというだけあり、一流ブランドの広告もわんさか入って勢いも感じます。何より全130ページくらいあってものすごい情報量なのに値段がたったの5元(約65円)!という点が素晴らしい。「VOUGE中国版」創刊時の編集長だった女性がディレクターを務めるライフスタイル版の最新号では、ベルサイユ宮殿で行われた村上隆展を早くもフィーチャーしています。「VISION」は北京。それ以外はみんな上海に編集部があります。

26.SEP.2010 Farmers Painting

上海を訪れた友人知人に積極的に紹介するもののひとつに金山農民画があります。中国各地にはそれぞれ違ったスタイルの農民画が存在しますが、中でも上海郊外の金山で描かれる農民画は、その独特な色使いやキッチュな画風が多くの外国人の心を捕らえています。農民画はその名の通り、農民が描いた絵。毛沢東時代に広まった農民を賞賛するプロパガンダ絵画がその始まりとされていますが、文化大革命が終わった後、作家たちは政治や思想に関係なく、子供時代の楽しかった村の思い出や動物など、好きな題材を自由に描くようになりました。とりわけ金山は、最初に農民たちに絵の手ほどきを教えた美術家が、西洋の伝統絵画の基本ではなく、中国の民間に伝わる切り絵の手法を土台とすることを推奨したことから、他の地域とは違った独特の作風が生まれることとなります。一見、小さな子供のお絵かきのようにも思えますが、作家によって画風もかなり異なるし、相当モダンな印象を与える作品も多数。マティスやピカソを連想させるような楽しく表情豊かな平面画は、現代のグラフィックデザインの世界にも通じ、ナイーヴアートとしての面白さも実感させてくれます。また、農民画には古き良き時代の農村の生活や伝統的な風俗を知る資料としての価値も見出すことができます。上海で唯一の農民画専門のギャラリー「D-Art」は南昌路と思南路の交差点にあります。オーナーの楊さんは日本語が堪能なので、機会があればぜひ一度訪れてみてください。

20.SEP.2010 Shopping in Shanghai

生活水準が急激に向上している割に、家賃や光熱費、食費、交通費など日常生活にもっとも必要なものの値段が依然として東京に比べると遥かに安いというのが、上海の暮らしやすさの所以ですが、雑誌や書籍類が安いのも嬉しいです。コレクションとまではいきませんが、好きで収集しているものに社会主義デザイングッズと写真集があります。いずれは東京に戻ることを考え、出来るだけ重く嵩張るものは買わないよう常日頃心掛けていますが、誘惑に負けて購入してしまうことも多々。先日、今は亡き中国人写真家・郎静山の絶版になっている作品集を買いに写真書専門店(といっても超狭小&超品薄)に出向いたところ、2006年にコレクター向けに250部だけ発行されたピーター・ベアードのスペシャル・エディション版の廉価版(2008年TASCHEN社刊)があって、ピーター・ベアードは既に何冊か持っているので、ある部分内容がダブるであろう総集編のようなこの特別版を買う必要があるだろうか?と悩みつつ、やっぱり買ってしまったのは、日本で買うのの半額以下の値段だったから。掲載されているすべての写真のキャプションや展覧会データ、インタビューなどが入る別冊との2冊組で計厚さ7センチの全742ページ、ズッシリ重いハードカバー。ああ、こんな重いものを買ってしまってどうしよう、、、と思いつつ、じゃあもうどうせなら!ということで、前から買おうと思っていた劉香成(ピューリッツアー賞も受賞しているアメリカン・チャイニーズの報道写真家)による編集&TASCHEN社刊の「China」(これも厚さ5センチ弱、全424ページのハードカバー)、それから社会派ドキュメンタリー写真で知られる呂楠の中国三部作の内の2つ「被人遺忘的人・中国精神病人生存状況」と「在路上・中国的天主教」も買ってしまいました。そんなこんなで上海で購入した捨てられない雑誌や書籍類もずいぶん溜まってしまいましたが、いつか安価な船便でゆらゆらと送り、これらを東京の本棚に並べるのも何だか楽しみです。「在路上・中国的天主教」に載っている陜西省のキリスト教の村にも、いつか必ず行きたいなあ〜。

06.SEP.2010 Shanghai Library

仕事柄、ホテルやレストラン、ギャラリーやミュージアムなどの最新スポット情報は常にアップデートしておりますが、個人的にもっともよく利用している場所はというと「上海図書館」です。アパートから自転車で5分もかからない場所にあり、4階の外国語新聞雑誌室には日本の新聞各紙、文藝春秋、AERAなどの雑誌も最新号ではないけど、そこそこ揃っているので、かなりの頻度で利用しています。ここ数日は、日本の某美術館の方からの依頼で、戦前の中国の写真家について調べているのですが、1926年から45年まで上海で発行されていた大型総合グラビア誌「良友画報」の復印版がここの近代文献閲覧室に全号ダイジェストされていて、ただ今連日、狂ったように閲覧中(笑)。「良友」は日本でも研究者がいっぱいいますが、当時の中国の政治、経済、社会、芸術、文学、漫画などあらゆる分野のニュースや事象が網羅されていて、近代中国に興味のある人には必須の資料です。それにしてもアメリカで「LIFE」誌が創刊されたのが36年なので、その10年前に既にこの「良友」の発行が始まっていたことを思うと、当時の上海というのは本当に先進的だったんだなあと改めて思います。実際、誌面に出てくる人のファッションもお洒落だし、デパートの広告などもいっぱい載っていて、華やかな時代の空気を感じます。で、次のページをめくると蒋介石が出てきて、、、というゴッタ煮感も楽しめたり。ということで、他にもおすすめ文献はいろいろありますが、「上海図書館」は蔵書総数5095万冊という規模で、既に絶版になっている本や雑誌など、ほとんどが揃っています。ネットでは決して得られない情報の宝庫。利用者カードを作るだけであらゆるエリアで閲覧が可能なので、在住者でまだ利用されたことのない方には是非おすすめです。

28.AUG.2010 sausermiho.com open!

 2005年8月28日から上海暮らしを始めてちょうど5年経ったのを機にblogを立ち上げました。こちらに来てからの仕事をまとめておこうと思ったのが一番の理由なので、今後も基本はその更新がメインになるかと思います。形として残っていない通訳やコーディネイトの仕事、小さいコラムや連載記事などはほとんど省きつつ、とりあえず2007年春から現在まで約3年間の主だった記事などをざっくり整理。記事のスキャン状態が非常に悪いものがまだいくつかありますが、それは順次きれいなものに差し替えていくつもりです。書体はヘルベチカで統一。広告やコメント欄など必要の無いアイテムを一切排除したシンプルなページを、上海在住のウェブデザイナーgyogenさんにカスタマイズしていただきました。かなりゆる〜いペースで日記も時々は書く予定。来年20歳になる愛猫のトトちゃんが、いつもお出迎えいたします!

CONTACT

Powered by NINJA TOOLS

GOING OVERSEAS LIST

中国国内で行ったことがある街。
北京市、天津市、上海市、重慶市、香港、台湾(台北)、
内モンゴル自治区(二連浩特、蘇尼特右旗、包頭、呼和浩特、臨河、他)、
江蘇省(蘇州、無錫、宣興、揚州、南京、周庄、他)、
浙江省(烏鎮、嘉興、湖州、杭州、紹興、他)、遼寧省(大連)、吉林省(長春)、
黒龍江省(ハルビン)、広西チワン族自治区(桂林、陽朔)、陜西省(西安、華山)
寧夏回族自治区(銀川)、四川省(成都、都江堰、楽山)、山西省(大原、平遥)
雲南省(昆明、大理、麗江、石林、開通、河口、思茅、墨江、景洪、勐海、勐龍、他)
安徽省(黄山)、山東省(青島)、河南省(鄭州、少林寺、洛陽)
チベット自治区(ラサ、ナチュ、シガツェ、ティンリー、ニェラム、ジャンムー、他)
江西省(景徳鎮、紫陽鎮)、福建省(厦門、永定)、広東省(広州、開平)
湖北省(武漢)、海南省(海口、三亜)
新彊ウイグル自治区省(ウルムチ、トルファン)、甘粛省(敦煌)

中国以外で行ったことがある街。
USA(ニューヨーク、シカゴ、ハワイ)、スウェーデン(ストックホルム)、
UK(ロンドン、チェスター、コーンウォール、セント・アイヴィス)、
ドイツ(ベルリン、シュトゥットガルト、フォルツハイム、フライブルグ)、
フランス(パリ、ルオン、アンダイユ、他)、
イタリア(ミラノ、フィレンツェ)、ギリシャ(アテネ、クレタ島)、
スペイン(バルセロナ、オンタリビア、サン・セバスチャン、レオン、
カンガス・デ・オニス、バイオナ、サンティアゴ・デ・コンポステーラ)
スイス(ベルン、チューリッヒ、ジュネーヴ、バーゼル、ブルグドルフ、
ルツェルン、トゥーン、ヴィール、クール、ザンクトガレン、ジョルニコ、
アップンツェル、ヴァルス、インターラーケン、他)、リヒテンシュタイン、
オーストラリア(アデレード、カンガルー島)、ニューカレドニア(ヌメア、イル・デ・パン)、
ロシア(ウラジオストック、ハバロフスク)、フィンランド(ヘルシンキ)、
韓国(ソウル)、インドネシア(バリ島)、カンボジア(プノンペン)、
ネパール(カトマンズ、ポカラ、パタン、チトワン、ドゥリケル、ゴダリ、スノウリ)、
ブータン(パロ)、インド(ニューデリー、アグラ、カルカッタ、ゴラクプール)、
ヴェトナム(ハノイ、ホイアン、タムハイ島)
モンゴル(ウランバートル、バヤン、チョイル、シベゴビ、アイラグ、ザミンウド、他)
タイ(バンコク、プーケット島、ヤオ島、ランタ島、サムイ島、クッド島)

以上2012年12月31日現在。

PROFILE

 サウザー美帆。編集者。東京都出身。
上智大学文学部史学科卒。大学在学中よりフリーエディターとして
音楽誌をメインにカルチャー誌、女性誌、旅行誌や書籍などさまざまな媒体に携わる。
95年より1年間の休暇を兼ねて上海外国語大学に留学。
98年より「Esquire日本版」編集部に所属。00年より同誌副編集長。
担当した主な特集は「人生にアメリカ文学は必要か」「紳士の街ロンドン」
「雑誌王国アメリカの100年」「映画で見るアメリカの20世紀」「アジアの古都リゾートへ」
「ドイツ製主義」「北欧スローライフを求めて」「知的住宅建築のすすめ」「週末のソウル台北」
「スペインで泊まるパラドール」「ジャズという街へ」「ギリシャ・エーゲ海の休日」
「建築ワンダーランド、スイスへ」「NYゲイカルチャーの現在」他いろいろ。
05年秋にスイス人の夫と愛猫とともに上海へ移転、1年間の休暇を兼ねて上海交通大学に留学。
中国テレビドラマの日本語字幕翻訳の仕事などを経た後、
07年春より編集&取材執筆の仕事をユルユルと再開。
日本の雑誌の仕事などを受けつつ中国の雑誌の仕事も始め、12年6月に東京に拠点を移す。
現在は上海と東京を行き来し、中国のカルチャー誌「生活LIFE MAGAZINE」
「GQ中国版」「Esquire中国版」「週末画報Modern Weekly」などの
コントリビューティング・エディターをしつつ、日中双方のメディアの仕事に従事。
中国の雑誌で京都特集を数多く手掛け、14年4月より京都国際観光大使に任命。
16年7月に日本の伝統工芸を紹介する単行本『诚实的手艺』を中国で発売。9月に台湾版も発行。
得意分野は建築、デザイン、文学、映画、音楽、アートなどカルチャー系全般。
日本語(完璧)、英語&中国語(仕事可)、ドイツ語(挨拶程度)。


profile going overseas list works 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 diay contact webdesign FARMERS PAINTING